情報工学教育プログラムの紹介

 情報学・情報工学の基礎から応用までを身につけ,自ら先端的な情報理論・処理方式・システムを創造して社会に貢献できる人材の育成を目標とします.情報工学,計算機科学,ソフトウェアシステムをベースにした教育により,社会・産業の基盤となる情報技術の基礎,応用,深化,革新を主導する総合能力をもった人材を養成します.ソフトウェアとプログラミング言語,データベース,画像・言語・音声・マルチメディア情報処理,言語理論,人工知能,認知科学,コンピュータネットワーク,セキュリティ,ソフトウェアシステムの設計と管理などについて,講義・演習・実験を通して基礎理論と実践的な応用について学びます.本教育プログラム卒業後は,大学院への進学あるいは製造業,IT 関連企業,サービス業,国立研究機関など,情報工学が関連するあらゆる分野に進むことができます.卒業後の進路についてはこちらをご覧下さい。



研究室紹介へ